鼻整形で美しさをアップ|自分の顔に何らかのコンプレックス

鼻翼を改善するための治療法

頬を触る女の人

鼻整形を受ける方の中には鼻翼縮小術を使って鼻の幅を改善する方が登場しており、鼻翼縮小術は現在では多くの整形外科で取り扱いされるようになってきました。鼻翼が広いとどの場面から見ても鼻が目立ってしまい、顔の印象が崩れてしまうことが多いです。しかし鼻翼縮小術で鼻の広さを改善しておけば、目立ちすぎずバランスの良い鼻を維持することができます。鼻の広さがコンプレックスになっている方は鼻整形を取り扱っているクリニックで鼻翼縮小術を受け、それぞれのイメージとピッタリの形へと鼻を改善していきましょう。鼻翼縮小術はミリ単位で切除を行なうため、一度見ただけでは整形手術を行なったとはわかりにくいという特徴を持っています。また隆鼻術と共に実施することで鼻の状態を大きく改善することができ、外国人の方と同じような綺麗な鼻を作ることも可能です。鼻の内側から施術を行なうため傷跡は目立ちにくく、自然な仕上がりになるためどの女性にも最適な治療法となっています。麻酔を使ってから治療を行なうため、施術中に痛みを感じたりすることはありません。

鼻翼縮小術は鼻の余分な皮膚を切除することで鼻を綺麗な状態へと改善することができますが、治療を行なった後に鼻を元の状態へと戻すことはできません。鼻の大きさを調整するのに失敗してしまうと鼻の形が不安定になってしまうため、施術を行なう際は医師の技術力がとても重要になります。多くの施術実績を持つ整形外科に施術を任せておけば、鼻整形を完了した後の仕上がりを綺麗に維持することが可能です。鼻整形を行なう際はなるべく施術実績が多いクリニックに依頼を行なっておくようにし、施術を行なうことで鼻の形が崩れてしまうのを防ぎましょう。また鼻翼縮小術を実施しているクリニックではプチ整形も実施されており、治療後のダウンタイムを短くすることができます。治療にかかる時間やダウンタイムを大きく減らすことができるため、施術後に長い間鼻のケアを続ける必要はありません。一度施術効果をチェックしておきたい場合は、プチ整形を受けて効果を実感してみましょう。