鼻整形で美しさをアップ|自分の顔に何らかのコンプレックス

団子鼻は鼻尖縮小術で治す

男性医師

一般的な鼻よりも丸みのある鼻は団子鼻と呼ばれており、女性は団子鼻を治療するために鼻整形を依頼する方が徐々に増えてきています。団子鼻になってしまうのは鼻の軟骨が発達しすぎてしまうのが主な原因であり、鼻を正常な形へと戻すには鼻の軟骨を調整して最適な状態にしなければなりません。団子鼻を一般的な状態へと改善するには鼻尖縮小術が主に利用されており、現在では多くの女性が鼻尖縮小術を利用して美しい形の鼻を維持するようになってきました。団子鼻で悩んでいる方は鼻整形を取り扱っているクリニックに相談を行ない、鼻尖縮小術を実施することで鼻の余分な軟骨を取り除きましょう。また鼻尖縮小術は鼻の軟骨を切除するだけでなく、余分な脂肪を取り除くことで団子鼻を解消することも可能です。形だけでなく鼻の大きさも調整することができるため、女性らしい顔立ちを維持することができます。施術の際には静脈麻酔や局所麻酔が使用されるため、痛みを感じることはほとんどありません。しかし施術後に麻酔が切れた際には痛みを感じることもあるため、施術を受ける際は注意しておかなければなりません。

鼻整形によって団子鼻を解消するには鼻尖縮小術を利用するのがベストですが、鼻尖縮小術が完了した後は鼻の軟骨を固定するためにギプスを装着しなければなりません。そのため施術後はギプスで鼻が目立つことになるため、治療を行なった後はマスクをするなどの対策を行なって鼻を隠す必要があります。自宅療養を行なうために休暇をとっておけば、仕事や外出などを行なう際に鼻が目立つのを防ぐことが可能です。鼻整形を行なって団子鼻を改善する際は事前に休暇をとっておくようにし、整形手術を行なった後の鼻が目立たないように対応しましょう。また鼻尖縮小術を行なった後の数週間は腫れなどの症状が発生しやすくなるため、術後はきちんと鼻のケアをする必要があります。施術を行なった医師の技術が低いと鼻全体のバランスが崩れてしまうこともあるため、治療を行なう際はなるべく高い技術力を持つ医師に施術を依頼しておくのが最適です。事前に口コミサイトなどをチェックして技術力の高い医師を検索しておけば、施術によって鼻の形が崩れてしまうのを防ぐことができます。